×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

便秘治療 ながえクリニック

便秘 治療 福岡 太宰府 

border
イメージ

便秘薬が少しづつ増えていませんか?


便秘が何日も続いてつらいときには、
「とにかくすっきりすぐ出したい」、「早く便秘を解消したい」ものですが、
便秘薬の種類によっては(刺激によりは排便を促すもの)自然で強制的に、無理やりお通じさせようというものです。

腸はお通じの準備が出来ると
自然と刺激が起こって自然なお通じがおきます。
しかし、便秘薬(刺激により排便を促すもの)によるお通じは
強制的な刺激によるお通じです。
しだいに便秘薬によってしか、腸が刺激を感じなくなり
自然なお通じの刺激を受けても
腸が反応しなくなるのです。
腸が麻痺して、強い刺激がないと動かない状態になってしまいます。
この場合少しづつですが、
便秘薬の量を増やさないと便秘が解消されなくなります。
この状態を避けるためにも
やさしい便秘薬を服用する事をお勧めします。
当院ではなるべくやさしい便秘薬を処方しています。
便秘薬の量が増えてお困りの方、
便秘でお困りの方
お困りの方は一度受診されませんか。

便秘とは


腹痛 つらい便秘にお悩みの方は、多くいらっしゃると思い
ます。何日排便がなければ便秘なんでしょうか?
便秘とは、いったい何でしょうか?

便秘とは排便が順調に行われない状態をいいます。
何日以上排便がなければ便秘という規定はありま
せんが、多くの人では1週間に3〜7回以上の排便が
ありますので、3〜4日以上も排便がない場合は、
一応、便秘と考えていいでしょう。

しかし、便秘は必ずしも回数のみで決まるものではありません。回数は
普通でも1回の排便量が少ない時には、便秘とする場合があります。
そして、何らかの苦痛を伴い、治療の対象となる場合を、便秘症といいます。

便秘の種類

便秘 慢性的に続く便秘は常習性便秘と症候性便秘とに
分けることができます。

◇症候性便秘 : 他の病気に付随して
          見られる便秘

◇常習性便秘 : 単純性便秘と痙攣性便秘に分け
          られ、単純性便秘はさらに弛緩性便秘と直腸性便秘
          に分けられます。

 ・弛緩性便秘 : 女性や高齢者に多く見られる便秘で、便意はあるのに
          お腹が張るような症状です。これは、女性や高齢者
          は成人男性と比べ腹筋が弱く、結腸の運動が少なく
          て弱いために、結腸内に便が停滞することによって
          起こります。また、胃・結腸反射が弱いことも原因
          として挙げられます。胃・結腸反射とは、胃に食物が
          入ると、反射的に結腸の大蠕動が起こることをいい、
          食事の量が少ないと起こりにくくなります。
          
 ・直腸性便秘 : 排便困難な状態で、直腸に便が停滞しています。これ
          は便意を無理に我慢する習慣があったり、腹圧が低下
          した場合などに起こりやすくなります。なお、弛緩性
          便秘と直腸性便秘はしばしば合併して見られます。
          痙攣性便秘は過敏性腸症候群の便秘型で、結腸の
          けいれんによって、便が停滞する場合をいいます。
          この場合は、便秘と下痢が交互に現れることがあり
          ます。

 ・けいれん性便秘 : 疲れとストレスが原因で腸がけいれんを起こし、
            便の通りが悪くなるために発生します。